記事一覧

Wizardry Onlineブログ更新情報一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加中
ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ Wizardry Onlineへ
よろしければクリックしていって下さい。

67頁『この汚水溜まりに舞い降りた若葉』

~~前回のあらすじ~~
古参「さて……若葉のPCが復活してから私のPCが壊れるまでの期間の……」
古参「前PCからサルベージしたネタのストックは前の更新分で全て尽きた」
古参「つまり新しくネタ画像を得るためには、いま再び若葉をここに呼び出す必要がある」
古参「前回の冒険から……もう五ヶ月くらい経っているか……」
古参「果たして……若葉はまたここに戻ってきてくれるであろうか」
古参「今は……こうして適当に見つけたネタを冒険誌に記して待つしかない……」
古参「QLX……」
~~あらすじ終わり~~


~~今回のあらすじ~~
2076.png
~~あらすじ終わり~~


前回、ひさしぶりの旧地下水路攻略を再開した若葉ノームMAG『QLX』。
忘れていた冒険の感覚を取り戻しつつ、難なく第五・第六決戦場を突破し、
地下二階への通路まで到達した彼女であったが――

そこに待ち受けていたのが、古参PCのクラッシュ。
上位次元からの妨害工作により、またも長期の侵攻作戦ストップとなってしまった……。
なにかの呪いを疑いたくなる進行遅延ぶりである。


* よく分かる旧地下水路攻略の侵攻ストップ具合 *
旧地下水路攻略開始~第四決戦場突破

若葉のPCが夏の暑さに負け攻略中断

若葉復活。旧地下水路攻略を途中で止め、お盆イベント攻略完遂

古参のPCが不調のため旧地下水路攻略再開延期

古参復活。旧地下水路第五決戦場~第六決戦場突破。地下二階への通路に到達

古参のPC死亡。長きに渡る休眠の時が訪れる

そして現在。侵攻が再び始まる。この間、実に半年
* よく分かる旧地下水路攻略の侵攻ストップ具合 *


だがッ! 長き冬の時期は過ぎたッ! 冬真っ盛りの時期だがッ!
三度の延期に負けずッ!

2077.jpg

ここイルファーロの旧地下水路にッ! 若葉は帰ってきてくれたッ!
よくまた冒険の呼びかけに応じてくれた若葉よッ!!!
また、沢山の奮戦映像を撮らせて頂くぞッ! 期待しているよ若葉ッ!

そんな訳で、尽きていた冒険のストック画像を再び補填して――
ゆとりのWizOn冒険誌、旧地下水路攻略ここに完全再始動ーッ!!!



2078.png

――と、そんな前置きがあって再会の挨拶を交わすQLXと先輩エルフ♀FIG『ベル』。
互いに無事の確認をして安堵のひととき。

これまでも二回、そこそこ長期間の冒険休止時期があったものの、
今回ほど長期の休止となると初の出来事であったが、いきなりのダンジョン内復帰で大丈夫か?

2079.png

2080.png

2081.png

やる気は充分!
ちょっと心配もあるものの、それでは早速――冒険開始といきますかッ!

……の、前に。
ここで若葉に、ちょっとしたドレスアップタイムの披露をすることに。

PC死亡中でも古参はネットカフェ環境やら何やらからイルファーロにログインして街を何度か歩いていたと
先日の冒険誌にも書いた記憶があるが、それは何のためにインしていたのか。
その理由こそが――リバイバルスフィアのオマケによる豪華衣装ゲットのためだったのだッ!
※リバイバルスフィア――それはWizOnちゃん内の素敵衣装を(運が良ければ)ゲット出来るアイテム

どうもPC死亡中にイルファーロでリバイバルスフィアが配布されていると知った古参は、
その当時なんとかイルファーロにログインして目的のスフィアをゲット。
そして即時開封して幸運にも新しい衣装を一つゲットすることが出来たのだった――
見栄え的に新鮮さがあった方が、冒険再開した時に若葉のやる気も出るかなって取っておいたのさ!

――ってことで、若葉には見慣れたこのエルフ衣装からちょっと着替えてみるよ!

2082.png



若葉の歓声を受けつつドレスアップターイム!



2083.png

2084.png

エルフ服ではない、貴重なベルのミヤビ衣装シーン。
エルフ服とミヤビ、どちらがお好み? と、ターンしつつQLXに問うベル。
さて、若葉の査定結果は――?



2085.png



2086.png

残念ッ! ミヤビは若葉のお眼鏡にかなわなかったッ!
結局、いままで通りのエルフ服で冒険を再開することになりました。

因みに、ミヤビが選ばれなかった理由であるが、

2087.png

うん――走るとお尻の下ラインとか見えちゃうくらい短いものね――。

2088.png

2089.png

淑女、QLX&ベルの凸凹コンビ。

そんな訳で次の袴アバターには非常に期待しているよッ!
ミヤビ所有者の九割が考えているだろうがミヤビの上半身に袴を是非ともあわせてみたいッ!

と、今回も長くなった冒険前の前置きであるが、

2090.png

それではいよいよ旧地下水路地下二階への通路――攻略開始だッ!

もう「ひさびさのダンジョン攻略」という事態にも慣れていそうな気もするが、
ともあれ色々思い出しながらの冒険は大変だろうが頑張れよ若葉ッ!



気合を一声、薄暗いダンジョンを駈け出した若葉。
ストーリーモードということで雑魚敵が本当に雑魚で、決戦場のボスも正直弱い。
いくら操作がおぼつかない状態であろうと、まあなんとかなるだろう。

……罠さえどうにか避けられれば。

そんな感じに、最大の敵は地形だけ! それ以外は大丈夫!
という心づもりで駈け出した若葉の、復帰直後に待ちかまえていたもの。
それが――

2091.jpg

旧地下水路地下二階への通路、最初の関門ッ!
燃え盛る床&地面に空いた裂け目だァーッ!!!

さてこれを見て足を止めた若葉。何を思うかといえば、



2092.png

ふ……?



2093.png

懐かしの反応を頂きましたァーッ!

うん、ここは初めて見た時はけっこうインパクトあってぎょっとするよね。
私も初めて旧地下水路地下二階への通路へ来て、
開幕コレを見た時はなんじゃこりゃと思ったものだったよ……。

雑魚敵が一匹も出ないままに最初に立ち塞がるのが地形という、
この地下二階への通路の洗礼を目の当たりにした若葉。
ちょっと通路を戻って、とりあえずやることといったら――

2094.png

ダッシュジャンプの練習だよなッ!
ジャンプアクションの苦手な若葉。
ここで死神の胃袋で培った技術を思い出すべくしばし体慣らし。

2095.png

床から噴き上がる炎の切れ目を観察して、

2096.png

率直な感想。

だがッ! 冒険とは苦難を乗り越えることッ!
君はこれまでもこうした試練に打ちのめされつつも打ち倒してきたじゃないかッ!
大丈夫さ若葉ッ! 君ならきっと炎の向こう側へ羽ばたけるッ!

そんな古参の思いに背を押され、入念な準備運動を終えた若葉が今、ついに――

2097.png

炎の向こう側へ、ジャーーーンプ!!!



――――――

――――

――



2098.png

だろうねッ!
若葉の復帰戦一発目、VS地面の裂け目は華麗なる若葉の転落による汚水行きとなりました。
古参もせめて身体を張って炎に焼かれつつ、若葉の様子を激写するのでありました。



2099.png

2100.png

――こうして二人一緒に床の裂け目へ飛び降り、そこに待ち構えていたモンスターを切り伏せつつ、

2101.png

更なる迷宮の奥深くを目指す若葉であった。
今回は前置きの方が長くなってしまったが――次回ッ!
長き冬眠から目覚めた若葉がウサギの恐怖にうち慄える――!(?)


・プレイサーバ:エゼルシャーン
・古参:エルフ♀FIG『ベル』
・若葉:ノームMAG『QLX』
2075.jpg

・QLX「道標の起動を忘れるところだった。あぶないあぶない」
・ベル「昔はこの道標は壊れていましたが……楽になったものです」

2103.png
・現在の進行状況……第六ダンジョン『旧地下水路~ドラグーン遺跡』地下二階への通路攻略開始!
ランキングに参加中
ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ Wizardry Onlineへ
よろしければクリックしていって下さい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベル ベル

ソウルネーム:ユーフォニア
キャラネーム:ベル
ワールド:エストール 5ch 表街

QLX QLX QLX
ソウルネーム:not_a
キャラネーム:QLX
ワールド:エストール 5ch 表街

文責:ライク・ア・カレー

Wizardry Online エストールにて
新米冒険者と共にイチから再び攻略中



ランキングに参加中
ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ
ゲームブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログ Wizardry Onlineへ
にほんブログ村

Wizardry Online ブログランキングへ
よろしければクリックしていって下さい

更新の様子

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。